電子工作と3DCAD

Raspberry PiやArduino、そして3DCADを使い、電子工作やロボット作りを楽しむブログ

2016年01月

前回の続きのような感じRaspberry Pi ArduinoをADコンバータとして使う(I2C)その2今回は、距離センサの入力を読みます。回路SHARPの赤外線測距センサって、コードの色がまぎらわしいよね黒が5Vで赤がGNDとかね…Arduino5行目気になる人いますよねint cmd = 1;ってなんだよ ...

前回のRaspberry Pi Arduinoをサーボドライバとして使う(I2C)は、1個のサーボしか動かしていないが、今回は複数のサーボを動かしていく。といっても2個だけだが、今回のやり方なら2個以上になっても少し書き加えるだけで対応できる。回路前回と違うのはサーボが増えたとい ...

前回Raspberry Pi ArduinoをADコンバータとして使う(I2C)の続きみたいな感じ前回は、Arduinoからアナログ値を送信するときに、10で割っていた。1byteの整数しか送れないからだ。(0~1024を10で割り、0~102にしていた)だが、これだとあまりにも大ざっぱすぎるので、数値 ...

I2C通信で、ラズパイからArduinoに0から180の数値を送り、サーボの角度制御をさせます。前回はRaspberry Pi ArduinoをADコンバータとして使う(I2C)回路I2C関連はSDA -SDASCL - SCLGND -GNDでつないでいく。ラズパイとArduinoの電源は別にした。ArduinoはPCからのUSB給電、 ...

今回は、Arduinoでアナログ入力を読み、ラズパイにデータを渡すプログラムの紹介。Raspberry Piは素の状態だと、アナログ入力に対応できませんADコンバータを使用する必要があります。しかし、ここでArduinoを使用する手もあるのです。安いArduinoでも、アナログ入力は6本、 ...

↑このページのトップヘ